不動産の共有に注意

今日はじめじめした一日でした~!

土地の売買契約が終わり少しほっとしています。

まだ引渡しまでは期間がありますのでそこまでは気が抜けません!

本日ご契約いただいたのは売主様がお二人。いわゆる共有物件でした。

親子、ご兄弟、ご夫婦での共有はよくある事です。

ちょっと厄介なのが相続が起きた時です。

一番複雑になりやすいのがご兄弟での共有です。

どちらかが亡くなった時、その持分が配偶者や子供に相続されます。

おじさんと、子供の共有になったりします。

そしておじさんが亡くなったらその配偶者や子供、

そこ子供が亡くなると孫へ、、

どんどん相続人が増えていき、いざその不動産を処分したいと思っても

相続人全員の同意を得なければなりません。

もしその中に海外在住の方がいたら?認知症の方がいたら?

大変ですね。

兄弟間の共有は相続発生前に対策をしておく事がおすすめです。

ご相談は相続診断士のいるLACREAへ。

栃木県佐野市の不動産と相続はLACREAで

女性と高齢者に優しい不動産屋さん

不動産売買のご相談

相続コンサルティング

エンディングノートの作成のお手伝い

#佐野市#栃木県#女性#不動産#相続#エンディングノート#笑顔相続#相続コンサルティング#女性経営者#女性スタッフ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP